« コーヒーブルース | トップページ | 夜明けは誰の葡萄の一房だ »

2004.12.16

すっぱいのですかんぽ

nagira

ぎら健壱の歌も捨てがたい。TVでおなじみの愉快なキャラクターだが、うたも愉快な歌が多い。♪いっぽんでもにんじん♪とか。しかし彼はれっきとしたフォークシンガー。♪だけど僕はフォークシンガー♪なんて歌ってるのをどこかで聞いたことがある人は少なくないはず。彼には二面性があるように思えてならない。フォークソングを歌うとき彼はきわめてシリアスだ。そんな感じでこの歌『すかんぽ』を歌っている。ヨアヒム・リンゲルナッツの詩に渡が曲をつけたものだ。皆さんは知ってるだろうか、すかんぽ。スイバともいうらしい。誰も見向きもしない、弱い草。噛むとすっぱい味がするそうだ。なんとも人生はすっぱいものか、と思う今日この頃でR。

|

« コーヒーブルース | トップページ | 夜明けは誰の葡萄の一房だ »

コメント

こんにちは!
この絵いいですね。目と口のあたりがよいです。それで赤い服なんですね。今まで登場された方のなかでは一番なじみがあります。いっぽんでもにんじんは知ってます。なぎらさんはフォークソングを歌うときはシリアスなんですね。二面性があるんですね。私も二面性があります。
人生はすっぱいのですね。私はビター&スイートな感じがします。

この一連の絵や文章をご本人が見たり読んだりすると、きっとうれしいでしょうね。
きょうはお酒を飲む日なのですね。ではまた!

投稿: chiiko | 2004.12.17 16:45

faceさんこんばんわ~
私もはじめて知ってる人でコメントできまする~♪
なぎらさん、サイクリングが趣味なんですよね~
お話も面白いし、うんちく王でもありますね
好きですよ、この人。

すかんぽ、なんとなく知ってますが、
野原に出て自分で取って食べろ、と言われたら自信ありません・・・
(毒草食べそう・・・(;´▽`A``)

投稿: キャサリン♪ | 2004.12.17 19:32

こんばんは〜。
どうもありがとう。
あんまり似てないですけど。
忘年会というのわかりましたか?
自分でお金を払う忘年会も
珍しいと思うんですが
どうでしょう。
苦くて甘いですか。
うん、その方が一般的ですよね。
あんまり酸っぱい人生なんていいませんよね。
でもすっぱい感じがするんです。
二面性ですか?
自分にもあります。
そしてペルソナも。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.12.17 23:29

こんばんは〜。
あまりにもマニアックに
なりすぎてますか〜。
ごめんなさ〜い。
そうそう、
自転車も好きだったんですね。
それからうんちくもすごいものがあります。
うたも面白い歌がたくさんあります。
『悲惨な戦い』はお相撲さんのふんどしが
とれた歌です。面白いでしょう。
機会があったら聞いてみてください。
すかんぽ。
あんまり食べたいような草じゃありませんよね。
でもそこがこの詩のミソだと思います。
これも機会があったら読んでみてください。
『あわれな草』という題名かもしれません。

投稿: face(キャサリンさんへ) | 2004.12.17 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2285302

この記事へのトラックバック一覧です: すっぱいのですかんぽ:

» なぎらさんのこと [矮猫亭日乗II]
faceさんの描いた、なぎら健壱の絵を見ていたら(「すっぱいのですかんぽ」)、も [続きを読む]

受信: 2004.12.23 13:12

« コーヒーブルース | トップページ | 夜明けは誰の葡萄の一房だ »