« 向日葵と秋 | トップページ | 『イラヨイ月夜浜』が頭の中を流れている »

2004.11.07

『いちご』を読んでみた

itigo.jpg

新宮晋さんは彫刻家。自然エネルギーで動く彫刻を作っている国際的に知られてる人。皆さんもどこかで出会っているかもしれない。そんな彼が初めて手掛けた絵本が『いちご』だ。さすが彫刻家。デッサンはお手のものだが、構成が素晴らしい。たとえばたくさんの星を見ていちごは生まれる。それは真っ白ないちごのつぶのはじまりで、真っ白な画面に緑の線だけで表現される。そしていちごが夕焼けを見たシーン。それは真っ赤なただの印刷の金赤、そしてそれが赤いいちごに生まれ変わる瞬間。そのデッサンがアップされ、断面が現れる。黄色のつぶつぶが核にまで及んでいるなんて誰が見ているだろうか? たった一つ粒のいちごが一つの惑星になる。たったひとつぶのいちごに宇宙は詰まっている。そしてそれは宇宙ソノモノ。バイリンガルでレイアウトされたその画面は、いちごの中に宇宙を感じた彫刻家の感性ソノモノ。

|

« 向日葵と秋 | トップページ | 『イラヨイ月夜浜』が頭の中を流れている »

コメント

faceさん、こんばんは! くじ運の悪いぽちです。笑

この写真、とても綺麗ですね~。こんな感じ、大好きです。
本のレビューも本にあわせて雰囲気をつくると素敵だなぁ、と思いました☆
『いちご』、読んでみたいと思います~。

投稿: ぽち | 2004.11.08 03:25

こんにちは、ぽちさん。
どうもありがとうございます。
背中から午後の太陽が
照っていて、
読み終えた本をぱちりとやったら
こんなのが撮れました。
抽象絵画みたいだと
思ったのでした。
>くじ運の悪いぽちです。
右に同じfaceでした(笑)。
お互い残念でした。
でもまたチャンスは
あると思います。
じゃあね~。また。

投稿: face(ぽちさんへ) | 2004.11.08 12:23

faceさん、こんにちは。
実は、実は。
新宮晋さんは、私のピアノの先生のご主人でした。
その頃私は「こども」だったので、ご主人が有名は方だとはあまりわかっておらず、お宅に伺って(レッスンは先生の自宅でありました)お会いしても「どうも」って感じで、ただのおっちゃんとしてしか見ていなかったのが悔やまれます……。
そして、『いちご』(だったと思うんですけど)、ご主人から直接もらったことがあるんですよ。
だけど、どこにいっただろう……。
その後、大人になって、全国各地で新宮晋さんの作品を眼にするようになって、なんてスゴイ人なんだ! ってようやく理解しました。
が、その後、ご夫妻は離婚されてしまったので、今では何のつながりもありません。(ピアノの先生である奥様とは、たまーに実家に帰ったときにお会いすることもあります。)

投稿: きむらいあん | 2004.11.15 14:18

こんばんは、いあんさん。
え〜、そうなんですか〜。
意外なご縁というか、すごいですね〜。
実は、自分は最近まで新宮さんのことは知らなかったのです。
絵本を作りたいという人がいて、
自分が話を書くから、絵をつけてくれないか?
みたいな話があって、その人から新宮さんの『いちご』
をみるといいよといわれ、その他『風の星』『小さな池』
なんかを読んだのでした。絵本の話は話半分に聞いて、
夢のような話だとは思ってるんですけど、
やってみたい気もあるんです。

投稿: face(いあんさんへ) | 2004.11.15 21:26

おはようございます!
『いちご』は自由に想像してどんどん広がっていく絵本ですね。
トラックバックを送らせていただきました。
この本に出会えたことに感謝しています。
どうもありがとうございます!

投稿: chiiko | 2004.11.21 07:33

こんにちは、chiikoさん。
いつも最初に読むよりも
chiikoさんのほうが深く読まれてるような
気がして、恐縮です。
でも、やはりこの本は素敵な本だと思います。
教えてくれた知り合いにも感謝です。
ケンカもしたことあるけど、
今は仲良しです。
その彼が、出版したい絵本のイメージが
この本に近いのだそうです。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.11.21 15:41

な~んちゃて通信大すき。です。
 絵もくるくるしてるマークも、誰にも、教えたくないかんじです。色も。なぎらさんも。
 丸秘、大切!!

この「いちご」絵本見てみたいです。図書館にあるかな・・?

 生まれたいちご、ふむふむ。自分は、どこからが自分でどこからが、自分なのかなー?

 んて、考えてる暇に、掃除でも、したほうがいいかなー?・・?
 
 *そうそうフランシス コッポラの「コヤニスカッティー」と、言う映画。<--もう10年以上、昔、みつけました。

 隠れ有名で、現代を、ドサート流して映像にしてあります。もう、見てたらごめん、です。
 ちょっとハードなので、疲れている時は、見ないほうがいいかも、です。

 さっき「孤独~~」という本の事と「いちご」を見ていたら^^こういう感じの文になりました。
お元気で^^。 おしまい。

投稿: MISS-TOMO | 2005.03.13 21:16

こんばんは〜、MISS-TOMOさん。
なんか褒めていただいてどうもありがとう。
なぎらのイラストみていただいたんですか〜

この絵本は図書館の児童コーナーで
借りて」読んだんですよ〜。
結構人気があって、
予約しないとダメかもしれませんが〜。
あることはあります。
ぜひおすすめです。

コッポラの映画に感動されたんですね〜。
なんか、こんな理解でいいんでしょうか?
それと前回のコメントは正解でしたか〜?

孤独というのは、サイドバーにある
『孤独であるためのレッスン』のことですか〜。
この本はトランスパーソナル心理学の
本でこれもまた面白いですよ〜。
少し書評なんか書いてますけど…。

そのうちこちらのほうからも
伺いますね。
おしまい。

投稿: face(MISS-TOMOさんへ) | 2005.03.15 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/1891195

この記事へのトラックバック一覧です: 『いちご』を読んでみた:

» 『いちご』『風の旅人』 [chiiko通信]
新宮晋さんの絵本『いちご』を読みました。 この絵本、いちごがこの地球にやってきて [続きを読む]

受信: 2004.11.21 07:24

« 向日葵と秋 | トップページ | 『イラヨイ月夜浜』が頭の中を流れている »