« 出会い | トップページ | 三宝寺池のぽやぽや »

2004.10.02

岩井宏の「紙芝居」はバンジョーの鄙びたいい音とやさしい歌声

j.jpg 1971年の全日本フォークジャンボリー、中津川フォークジャンボリーともいうらしい。それを録音した2枚組、ベルウッドのアルバムを聴いた。サブステージで延々と拓郎が「人間なんて」を歌った。そしてそこからメインステージへと流れた観衆が、安田南の歌う番でステージを乗っ取って朝まで討論会をしたらしいあの有名なフォークジャンボリーだ。なぎらの「教訓2」なんか面白い。それに五郎さんの「僕とボビーマギーのうたが下手で面白い。けっこうシャイな人なのかな〜。我が町出身の山平和彦とマイペースの「秋田竹刀打ち唄」はエレキギターとリコーダーが民謡とマッチしてすごく新鮮だった。前衛的。

kamisibai.jpg それで結構穴だったのが、もちろん高田渡も入ってる武蔵野タンポポ団の「もしも」シバのブルースハープだろうか? ロックやジャズなんかも演奏されてたジャンボリーでは特に鄙びたいい音を出してると思う。京都に「ほんやら洞」があったことは以前書いた。そして東京、吉祥寺には渡をはじめとして集まってた「ぐあらん堂」があったことを思い出させる。更に岩井宏のバンジョーにのって「紙芝居」がいい味だしてる。基本的に自分の好みはこれなんだな〜。

紙芝居
word:岩井宏 music:岩井宏

紙芝居 紙芝居
紙芝居屋の あのおやじは
もういない

古い自転車に 小さな箱つんで
ジンジャカ やってくる
ひょうしぎの音で
ぼくらは神社に集まる
手に五円玉もって

小さな箱に 大きな夢つんで
ジンジャカ やってくる
めぬきあめを買って
ぼくらは夢中にしゃぶる
二本目をねらって

小さな箱に 小さな劇場つんで
ジンジャカ やってくる
こわいろまじりの おやじの声が
おいらの耳をほじくる

|

« 出会い | トップページ | 三宝寺池のぽやぽや »

コメント

こんにちは!
フォークジャンボリーというのがあったのですね。
71年で私が聴いたことがあるのは吉田拓郎さんだけです。
図書館で調べたら69年のはありました。

紙芝居という歌があるんですね。
この絵は歌詞とよく合ってますね。
私は町でこのような紙芝居を見たことはありませんけど、
小学校のときの用務員のおじさんが、以前紙芝居の仕事をしていたらしく、全校生徒の前で紙芝居をしてくれたことがあります。今でもおじさんの顔とか声はよく覚えています。
この歌もいつか聴いてみたいです。

ところで、きのう夕刊を見ていたら
山平和彦さんのことが載っていました。
faceさんの我が町出身の方なのですね。
チューリップハットの記事をきのう読んでいたら、そこにも名前を見つけてびっくりしました。
まだ若い方なのに残念ですね。
私は「放送禁止歌」を聴いたことがなく山平さんのことも知らなかったのですが、とても悲しい気がしました。
では、また。

投稿: chiiko | 2004.10.14 10:49

こんばんは。
chiikoさんのコメントを見て、びっくりしてしまいました〜。
詳しくは新聞見てないので(一般紙はとっていない)詳細はわかりませんが、交通事故だったんですね。ご冥福をお祈りいたします。実は山平さんはすぐ上の兄と小学校の時は同級で仲がよかったんです。しかも山平さんは自分の高校の先輩、しかも美術部の先輩でもあったんです。
 奇しくもこの岩井宏さんも数年前、交通事故で亡くなっているんですよ。
 69年のフォークジャンボリーですか? それはもしかして第1回のではないでしょうか? 自分とこの図書館では71年のしかなかったんですけど、69年のも聞いてみたいです。
 紙芝居は、子供の頃小学生の低学年の頃までよく見てましたよ。じぶんとろはアメではなくて「コッパ」とか「マンボ」とかいうお菓子でした。「コッパ」は3センチ四方くらいの薄い煎餅みたいなのに線が掘ってあって、その通りに周りをハリとかで削ってその形を残せたら5円もらえるというもの。それから「マンボ」は4センチ四方のお菓子で竹べらがついてきて、5円玉が通穴をあけられたら、5円、10円とおると10円もらえるというもの。黄金バットとかその頃のメンコに描かれてたキャラクターの出し物が多かったと記憶してます。そしてクイズなんかも。たしか1回5円だったように記憶してます。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.10.14 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/1575719

この記事へのトラックバック一覧です: 岩井宏の「紙芝居」はバンジョーの鄙びたいい音とやさしい歌声:

« 出会い | トップページ | 三宝寺池のぽやぽや »