« 花の名前は知らないけれど | トップページ | 秋はどこにある? »

2004.09.04

とまるかと見せかけて

jyuutaku.jpg


 NHK教育は結構見る。今日は、『第17回全日本高校・大学ダンスフェスティバル』を見た。群舞だ。普段そんなの見たことがなかったけど、下手な芝居見るより良かった。身体表現の方がより多くを語ることが出来るのでないかという可能性をみることが出来た。手や足や身体全体を伸ばしたり縮めたり、止まるかと見せかけて、その瞬間に跳躍したり。そんな個人の動きがさらに全体の動きのなかでドラマ化する。やはり見えないものに形や動きを与える。テーマは「輪廻」「デジタル化した社会によって喪失されるもの」「踏み絵に題材をとった 道しるべ 〜迷い、悩み、そして決めた道〜 」など様々。文部科学大臣賞に輝いたのは筑波大学。自分が気に入ったのは、どこの高校かは忘れてしまったけれども、「樹」をテーマにしたもの。尚、ゲストにはコンドルズ。自分は知らなかったのだがカミさんが知ってて、結構有名なダンス結社らしい。


kouennmono.jpg


 ある新聞のコラムに、小林秀雄が1948年のロンドンオリンピックの記録映画を見て述べた感想を紹介しながら、“戦うもの”と“見物人の違い”ということが書かれていた。「“選手は、自分の砲丸と戦う、自分の肉体と戦う、自分の邪念と戦う、そして遂に征服する、自己を”それに比べ、観客の表情はどうだろう。不安、落胆、期待、興奮……。投げるべき砲丸を持たないばかりに、人々の表情は千変万化する。“また、戦争が起こるような事があるなら、見物人の側から起こるでしょう。選手にはそんな暇はない”」と。また「人生という名の競技場では、たれ人も“観客”でいることはできない。“投げるべき砲丸”を見つけ、自己との戦いに敢然と挑まなければならない」とあった。ズシッときた。

|

« 花の名前は知らないけれど | トップページ | 秋はどこにある? »

コメント

最近ますます「写真家」してますね。
昨日のお花も、今日のセピア色のも素敵です。

投稿: きむらいあん | 2004.09.04 23:46

いや〜。
そんなに褒められてどうしましょう。
どこまでも登っちゃいますぅ〜。
天までも登って落っこちてしまうかも。
な〜んちゃって。
でも、どうもありがとう。

それから、参加型のblog秋味ぶろぐにも参加しますので、よろしく。秋味のショットがとれたら投稿しようと思います。いあんさんもどうですか?

投稿: face(いあんさんへ) | 2004.09.05 13:01

(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・
この家ね~~~~(^^♪

ところで、だんすフェスティバル。
うちの夫君が良く見ます。

で、仕方がないので(爆笑)私も見ることになります。
結構はまったりしてます。(*゜.゜)ゞポリポリ

投稿: あんず | 2004.09.05 18:08

こんばんは、あんずさん。
もしかしてこのお宅ご存じなんですか?
ちょっと気になってしまいました。

あんずさんもダンスフェスティバルを見られたんですね。
自分は今回初めて見まして、こんなジャンルのダンスもあるのかと、すごく新鮮な感じがしました。あんずさんはどんなダンスがよかったですか?

投稿: face(あんずさんへ) | 2004.09.05 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/1357359

この記事へのトラックバック一覧です: とまるかと見せかけて:

« 花の名前は知らないけれど | トップページ | 秋はどこにある? »