« 山本容子さんの授業 | トップページ | とまるかと見せかけて »

2004.09.03

花の名前は知らないけれど

nannohana.jpg


 花の名前は知らないのだけれど、ご近所さんに立派にたくさん咲き誇ってる花があって、綺麗で、ただ通り過ぎるのはもったいなくて、何回か写真に撮ったけど上手くいかなくて、それでもまた撮ってみました。

 今日、お医者さんへいって長年いやだったホクロ取ってきました。多分成功したと思います。いやでいじってるうちに大きくなって取りたいな〜と思ってたんですけど。最近、簡単に取れるということがわかって、勇気出して行ってきました〜。もしも、自分と同じようなことを考えている人がいたら、迷わずお勧めします。痛くないですよ〜。そしてすっきりしますよ〜。自分が行ったところはいわゆる形成外科・皮膚科。レーザーで取りました。費用は5700円+組織検査代3080円=8780円でした。まだ絆創膏貼ってますけど、どんな顔になるか楽しみです。な〜んちゃって。

 今日は武蔵野タンポポ団の「寂しい気持ちで」というのと「ぼちぼちいこか」のなかの「俺の家には朝がない」を聞いて寝ることにします。

|

« 山本容子さんの授業 | トップページ | とまるかと見せかけて »

コメント

faceさんの新しいイケメンのお顔、拝見したいなぁ~~。
な~んちゃって。(^^♪

投稿: あんず | 2004.09.04 12:57

こんばんは、あんずさん。
あはは、イケメンですか?
どうですかね?
はずかしいので、見せられないな〜。
な〜んちゃって。

でもすこしスッキリしたかも。

投稿: face(あんずさんへ) | 2004.09.04 17:24

こんにちは。この花は、たぶん、アルバム植物編、花(青・紫)、(白)にそれぞれあるヤマホロシだと思います。

それから、夏休みに旅行されたときのノアザミは、ひょっとしてタムラソウじゃないかと。9月2日付けの朝日新聞・夕刊、「花おりおり」に載っていたので気になりました。「(前略)別称玉箒(たまぼうき)。田村草の名は奇妙だが、その別称と関連か。世阿弥作と伝わる能楽の『田村』には玉箒が顔を出し、田村草としゃれたのだろうか」文・湯浅浩史、とありましたよ。

あ、それから、妹は学生時代、鼻の両脇に、左右対称に小さなホクロがあるのを気にしていたらしく、姉妹には内緒で一つだけとったそうです。わりあい最近、母から聞いて驚きました。姉に比べて数段美人だったのに、ソバカス美人って言葉もあるのに、なんて。あ、faceさんの手術のご成功に乾杯! 長文にて失礼しました。

投稿: melas | 2004.09.05 15:25

 こんばんは、melasさん。
どなたかこの花の名前を教えてくれるのではないかと淡い期待を抱いていました。どうも有り難うございます。写真拝見しました、ヤマホロシに間違いないと思います。こんなにたくさん咲いてるのは、近所ではこのお宅しないのですが、余所のお宅の庭先などを注意して見ると、可憐で清楚な感じのこの花をたまに見かけます。melasさんのお宅のベランダにもこの花があるのですね。ちょうど今、咲いてるのではないでしょうか?

 旅行の時の花は、ノアザミだと疑ってもいませんでしたが、melasさんのご指摘で、ひょっとしてタムラソウじゃないかと思えてきました。『池の平自然観察ガイド』というのをホテルで購入したのですが、それにはイラスト入りで「ノアザミ」と載ってたので、しかも咲く季節がちょうど訪れた季節だったので疑いもしませんでした。その他に間違いやすいものとしてノハラアザミというのもあるとありましたがタムラソウの名前はありませんでした。ですが、写真を見る限り非常に似てると思いました。葉っぱが、とがってるかそうでないのか、その時は気をつけて見てなったのが悔やまれます。ただ気になるのはガイドに「茎頂に花が1個つき、ホウが粘るのが特徴。よく似ているノハラアザミは、複数の花が茎頂につき、ホウはねばらない」とありました。なのでタムラソウの写真は、この記述からいえばノハラアザミに近いような気がしました。ですからこの花は、ノアザミかもしれないし、ノハラザミかもしれないしタムタソウかもしれません。能の『田村』というのがあって、名前がそれからきているのですね。melasさんは能にも興味をお持ちなんですね。自分も興味はありますが、まだ一度も見たことないんですよ。そういえば、仕事の師匠が今もやってるかどうかわかりませんが、「北トピア能」のポスターを毎年作ってたのを思い出します。その頃、新宿御苑で仕事をしてたのですが、御苑でも薪能をやってたのを思い出しました。今頃の季節にやるのではなかったでしょうか? 一度は見てみたいです。手術の件どうも有り難うございます。妹さんもとられたんですね。一つというのはまた、縁起とか気にされたんでしょうか?

 それからmelasさんはどうやらアザミがお好きなようなので、AZAMIという人のCDで「おいらの故郷は汽車の中」 曲目:星の数だけあなたが好きよ/山鳩物語/草笛峠/なぜおれは口笛を吹くか/十六歳/さよなら牧場の青草よ/勇士の故郷/猟銃のパンチ/戦争は知らない というのをご紹介します。結構面白いと思います。よろしかったら、アザミに関する思いをいつか聞かせてください。HPすこしずつ拝見してます。

投稿: face(melasさんへ) | 2004.09.05 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/1350899

この記事へのトラックバック一覧です: 花の名前は知らないけれど:

« 山本容子さんの授業 | トップページ | とまるかと見せかけて »