« 『孤独であるためのレッスン』を読む | トップページ | 『TUGUMI』を読んでみた »

2004.08.28

こてこて大阪のブルースはセントラルパークの匂いもする—上田正樹と有山淳司の「ぼちぼちいこか」

botiboti.jpg

図書館で上田正樹と有山淳司の「ぼちぼちいこか」を借りて聞いた。ご機嫌なブルース。有山淳司の声が意外に高く、キー坊とのハモリはグッド。ギターもベリーグッド。なかでもお気に入りは「梅田からナンバまで」。「おれの借金全部でなんぼや」の詩が三上寛というのが驚いた。そしてなんか絵が描きたくなったのであった。

be-su-thumb.jpg

|

« 『孤独であるためのレッスン』を読む | トップページ | 『TUGUMI』を読んでみた »

コメント

やった=!!
キーボーはもう歌うことないだろうけど、
有山さんは、今もずーっと大切に歌ってます。
だってこれ、有山ワールドの原点だしねっ!

それにしても、これがあるなんて、
なかなか立派な図書館です。べりーGOOD!

投稿: なのか | 2004.08.28 20:16

あはは、区の図書館ぜ〜んぶ調べたけどこれ1枚しかなかったんですっう。ほんとは最近の聞きたかったんですけどね。
前にも2〜3回は聞いたことあるけど、最高にごきげんやないけ〜。

投稿: face(なのかさんへ) | 2004.08.28 20:30

今年の春に出た「think of you」聴いてほしいですぅ。
ほっと心が大切な時間や大切な人に戻っていくよーな世界。

ところで「25年目のおっぱい」の歌詞、
テキストで入れてみましたよ。
コメントで書き込んじゃっていいかしら?

投稿: なのか | 2004.08.28 23:16

「梅田からナンバまで」はサンフランシスコ湾ブルース
ぽい。武蔵野タンポポ団を思い出しました。
大阪には行ったことがないので、地図で
どこからどこまでか調べてみよーっと。

今日は雨が降ってなければ、
空港のライブ行かれるんですね。
やはり相当なファンなんですね。

「think of you」なんとか手に入れるように、努力します。
てゆうか、ほかにももっと欲しいのがあるんだけど。
五郎さんの新譜や「フォークパルチザン」や渡の新譜。
でも「think of you」も聞きたくなってきたなー。
悩むなー。

>コメントで書き込んじゃっていいかしら?
有り難うございます。
もちろん
是非是非おねがいします。

投稿: face(なのかさんへ) | 2004.08.29 08:42

25年目のおっぱい  
 
詞・曲 中川五郎

25年目の夜に きみのおっぱいは
ぼくのてのひらの中で ぐっすりおやすみ
25年目のおっぱいは とっても小さいけれど
ぼくのてのひらにぴったりで とっても柔らかい
おもえばきみが少女の頃
ふくらみはじめたおっぱいが
とっても痛くて
つらかったんだってね
25年目のおっぱいは いまぼくのてのなか
ぼくは一晩じゅうずっと こうしているつもり

11月の江戸川公園で ぼくははじめて
きみの柔らかいおっぱいに この手でふれたんだ
もう北風が吹いていて とっても寒かったけれど
僕のてのひらは熱く 焼けた鉄のよう
きみはぼくにしがみついて
ぼくの目をじっと見つめ
ぼくのなまえを
そっと呼んでみた
あのときのきみのおっぱいを いまもぼくはおぼえている
そして帰りにぼくらは 猫を拾ったんだ

きみのおっぱいの前で ぼくはいつも
まるで赤ん坊のように なってしまうんだ
きみのちっちゃなおっぱいの 谷間に顔をうずめ
きみの可愛い乳首を そっと噛んでみた
小さな頃はおふくろのおっぱい
おとなになったらきみのおっぱい
ぼくはいつまでも
乳離れが出来ない
もうすぐぼくらの赤ん坊が 生まれるんだ
ぼくはもうきみのおっぱいを ひとりじめ出来ないんだ

投稿: なのか | 2004.08.29 09:13

このとき拾った猫は名前「まがり」ですね。
うちの猫もマガリです。これの影響ではないけど・・

思うとこあったんで、
そのうち当ブログで書きます。

「梅田からナンバ」というのは、
大阪のメーンストリート御堂筋のことです。
御堂筋の銀杏並木をキタからミナミまで歩くのです。
突き当たりドーンと難波高島屋です。
ぼちぼち歩いて、こ一時間、
格好のお金のいらないデートです。
「雨の御堂筋」「たそがれの御堂筋」など、
御堂筋をキタからミナミに歩く歌はたくさんありますが、
「青春編」はこの有山さんの曲だけ!
この歌、大阪の同世代ならほぼ知っていますが、
全国版で知ってもらいたいわぁ~

投稿: なのか | 2004.08.29 09:23

こんなに「おっぱい」という言葉を連ねて、
愛というか性を歌う歌なんて、
まあ世界中にはこれしかないんじゃないでしょうか。
ベッドの歌はあったとしても。
当時のフォークソングがいかに歌を
自分たちのほうへ引き寄せようとしていたかが
わかるような気がします。
しかもシリアスにならない程適度にユーモアあるのは
五郎さんの特徴ですよね。
これが1976年だとすると
1973年に「二人のラブジュース」裁判がはじまったらしいから、
その後の歌ということかな?

御堂筋が絵画館前の銀杏並木みたいに突然素敵な通りに思えてきました〜。

投稿: face(なのかさんへ) | 2004.08.29 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/1300509

この記事へのトラックバック一覧です: こてこて大阪のブルースはセントラルパークの匂いもする—上田正樹と有山淳司の「ぼちぼちいこか」:

» NEVERLANDというライブハウス [ち~旦のレコ堀り日記]
マニア部屋のレコ整理をしていたら 面白いものが出て来たので紹介。 今から25年 [続きを読む]

受信: 2005.01.31 16:30

« 『孤独であるためのレッスン』を読む | トップページ | 『TUGUMI』を読んでみた »