« 雲中の散歩 | トップページ | 死んだら骨をかじって欲しい »

2004.08.22

矢井田瞳を我慢して聴いてたら

 旅行の車中、カミさんのお気に入りだという矢井田瞳の「daiya-monde」というアルバムを聴かされた。なんかあんまり好きじゃないな〜と思いながら、我慢して聴いていた。ただのロックじゃないかと…、ファンには申し訳ないけど声がキンキンしていて、う〜んというかんじだった。しかし、7曲目、「もしものうた」という曲に入って突然、曲想が変わった。なんていうジャンルの音楽なのか門外漢なので分からないが、ジャズっぽくてブルージーでいいなと思った。ふざけた調子で、「もしものうた〜」としゃべって入るのも気持ちいい。こんな歌ばっかり歌えばいいじゃないかと思った次第である。ちなみに歌詞はこちらのサイトで紹介している。もしものうた

 話は変わるが、オリンピックはあまり見ない。であるが唯一女子マラソンだけは見たい。実は密かに、野口選手を応援している。なぜなら今までの日本人の走りと違ってるから。門外漢なので、どこが違ってるのかよく分からないけど、とにかくかっこいい。頑張ってね。

|

« 雲中の散歩 | トップページ | 死んだら骨をかじって欲しい »

コメント

野口選手の走りは、完全にトランスに入ってるかのような印象ですね。「限界の挑戦」を超えて「限界以上」というか。今にも天がけていきそうなストライド。あんなふうに走れることがあるものならば、走ってみたかったという、そんな気持ちになります。

投稿: | 2004.08.23 21:35

はじめまして、お名前忘れたさん。
やはり野口選手のファンですか?
自分もなんか好きなんですよ、野口選手が。
小さくて、弾んで足がのびてて。
ほくろがチャーミング。
しなやかで強い。
かっこいい〜。

投稿: face(お名前忘れたさんへ) | 2004.08.23 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/1251121

この記事へのトラックバック一覧です: 矢井田瞳を我慢して聴いてたら:

« 雲中の散歩 | トップページ | 死んだら骨をかじって欲しい »