« 『南風』より | トップページ | 第二夜 『花のレクイエム』 すみれ 三月 »

2004.08.12

『花のレクイエム』 向日葵 八月

辻邦生の『花のレクイエム』を読んだ。一月から十二月の花にまつわる物語だ。あまりにも文章が美しい。自分なんか三回生まれ変わってもこんな文章は書けまい。

|

« 『南風』より | トップページ | 第二夜 『花のレクイエム』 すみれ 三月 »

コメント

おはようございます。
この話に心ひかれたので借りて読んでみました。
山本さんの絵は黄色があふれてました。

ヒマワリは素直で強くてよい花ですね。
ヒマワリにまつわる悲しい話はいくつもありますね。
私は咲き方と散り方の一部始終を見たことがないのであまり実感がありませんでしたが、faceさんの前書きとこの話を読んで
、そのことが何となくわかりました。
まだほかの話は全部は読んでいません。
きょうで最後なのですね。楽しみにしています。
暑い日が続きますが、お元気で。では!

投稿: chiiko | 2004.08.14 07:10

おはよう、chiikoさん。
早速読まれたのですね。
今日は第三夜をやる予定でしたが、
涼さんのアドバイスでやめることにしました。
今日は二月のアネモネを載せるつもりでした。
みんなそれぞれ印象に残る美しい文章だと思いました。
他には百合、クレマチス、山茶花などがいいと思いました。
chiikoさんもいつだったか
とりあげられていた『野菊の墓』を思い出させますね。
その他どの章に興味を持たれたか、もしよろしければ教えてくださいね。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.08.14 08:18

こんばんは。
アネモネを載せる予定だったのですね。
私も印象に残りました。
踊る場面が目に色鮮やかに浮かんでじんときました。
自分がいなくなった時にはどんな花なのだろうとか、いなくなった後の住まいとか持ち物とかどうなるのだろうとか、いろいろ考えました。
何だか向田邦子さんのドラマに似てるなと思いました。

全部読んでみましたが、どの章もそれぞれよかったです。
大体最後の5行ぐらいでじわり涙が出ます。
強いてあげればアネモネと紫陽花が心に残りました。
あとライラックも。
謎解きのような本なので、何度か読むとまた違った印象を持つかもしれません。

この本はほんとうによい本ですね。
女性的なものと男性的なものが美しく調和している本だと思いました。
辻さんの本は読んだことがなかったのですが、ほかにももっと読んでみたいと思います。
紹介していただいてありがとうございます。では!


投稿: chiiko | 2004.08.14 20:53

こんばんは、chiikoさん。
コメントありがとう。
全部読まれたんですね。
自分もやはり最後の5行くらいでやはり泣けました。
みんなそれぞれ印象に残る美しい文章だと思いました。
そのなかでも紫陽花や猿捕茨なんかは確かに謎解きのような感じがしますね。そして人それぞれ花にも好みがあるように、
章の好みも違うんだなと、あたりまえなんですが
そう思いました。
今日は全集の中に入ってる『北の岬』を読みました。
初期の作品らしいですが、面白かったです。

山田太一の『異人たちの夏』は自分も読みました。映画は見てないんですが、面白かったです。環八沿いのマンションですよね。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.08.14 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/1180854

この記事へのトラックバック一覧です: 『花のレクイエム』 向日葵 八月:

« 『南風』より | トップページ | 第二夜 『花のレクイエム』 すみれ 三月 »