« 今、無性に聞きたい歌、そして歌いたい歌。 | トップページ | 未来へのトリップの効果 »

2004.08.02

門外漢 ロックを想う—BUMP OF CHIKEN jupiter ベンチとコーヒーの場合—

 かつて日本においてロックはイモだった。なんていったらロックファンにボコボコに殴られるに決まってる。村上龍の「69」がこの夏休みブレイクしてるらしい。学園紛争がそろそろ終焉しようとしていて、時代の雰囲気が内面へむかおうとしてる頃、社会からドロップアウトしていく人間やヒッピーたちはニューエイジや精神性世界へと旅立っていった。フォークソングはそんなものとシンクロしながら花を咲かせていった。1969年のウッドストックはインパクトがあったが、その熱はロックよりもむしろフォークソングの方に飛び火したように思う。その頃の自分が聞いたロックといえば、ジャックス、はっぴえんど、頭脳警察くらいか。どちらかといえば、遠藤賢司や三上寛やシバのほうが歌詞もロックに近く激烈だった。
 その頃、ロックはサウンドに日本語のノセられないで困っていた。そんななかでもはっぴえんどの「春よこい」は日本語の問題をクリアした数少ない例だったように思う。とくに1971年のフォークジャンボリーの演奏をURCの録音で聞くと、全然古くない名演奏だ。涙がでてくる。それから、キャロル。たとえば、君はファンキーモンキーベイビーというフレーズ。それはロックという音にノッて妙に気持ちよかった。このころからロックにはカタカナのフレーズ多くなって、ロックといえばサビの部分にカタカナがはいるというスタイルが確立されたように思う。その次に僕にとってロックといえばやはりサザン。たとえばビートルズなんかを聞くとき、英語の意味なんか知らなくてもBGMとしてきいていたり、めちゃくちゃ英語で歌っていたものだ。そんなところから、歌詞なんてわからなくても意味なんて伝わらなくてもいいじゃないかと、桑田流の音楽ははじまった。それが妙に新鮮で音にノッていた。しかも歌詞がかろうじてわかると言えばわかる、非常に聞き取りにくい彼流の歌い方。絶妙だった。あれから、ロックといえば妙にカッコつけた歌いくちが流行った。それ以降、ロックから遠ざかっていた。
 そして息子がネットでBUMP OF CHIKENの「ダンデライオン」という曲を見つけ興味を持った。そして図書館に「jupiter」を予約に入れた。その予約がすでに20件もあった。それで借りられたのが2カ月近くもたってからだった。それだけ人気があるということか。それでじっくり腰を落ち着けて聞いてみた。日本語の問題をこんなにもうまく問題解決して、しかもその歌詞の内容、音、格段とロックは進歩していたという感じだった。特に気に入ったのは6曲目の「ベンチとコーヒー」だった。尾崎豊の詩をロックに乗せたといったら笑われるだろうか。静かにやるせない自虐的なラブソングのピュアさ。涙が出てくるほどせつない。

※ロックの歴史についてはこの辺が詳しい。日比谷野外音楽堂 - 飛龍のロック雑記帳

|

« 今、無性に聞きたい歌、そして歌いたい歌。 | トップページ | 未来へのトリップの効果 »

コメント

こんばんは。
私はフォークソングもロックの歴史も詳しくないので、前半の文章は何か教わるような気持ちで読みました。
私は尾崎豊さんの初期の歌がとても好きです。BUMP OF CHIKENを最初に聴いたときにとても懐かしかったのは、彼等が似たものを持ち合わせていたからなのでしょうね。
faceさんの記事を読んで気づきました。
私、jupiterはレンタルで借りたので歌詞カードを持っていませんでした。
今回あらためて歌詞を読むことができてよかったです。
本当にいい歌ですね。では、また!

投稿: chiiko | 2004.08.02 20:51

こんばんは、chiikoさん。
なんか自分流の解釈で、
本当は違うかもしれません。
chiikoさんも尾崎豊の感じを持ちましたか?
自分だけそんな感じがしたのかと思ってました。
ドラマ「北の国から」の「初恋」で尾崎豊がかかってましたね。なんか切なくなります。

息子は「キャッチボール」「ダイヤモンド」「天体観測」「ベル」がいいと申しております。

それから忘れてました。chiikoさんのインターネットリソースが便利そうなので自分も真似させていただいてます。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.08.02 21:15

バンプは歌詞にやられるなぁ。。奥深い。

投稿: momoi | 2004.12.03 22:06

はじめまして、momoi さん。
コメントあんどトラックバックどうもありがとうございます。
おっしゃる通りバンプの歌詞はすごいものがありますね。
自分はバンプはあまり詳しくはないんですが、藤原さんという人が歌詞かいてるんですか? 特にこの歌は、最初自虐的な感じがして、投げやりに歌う感じがこの歌のイメージにぴったりな感じがしました。新譜が出たんですね。

投稿: face(momoiさんへ) | 2004.12.04 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/1106065

この記事へのトラックバック一覧です: 門外漢 ロックを想う—BUMP OF CHIKEN jupiter ベンチとコーヒーの場合—:

» 太陽 [汚戯言]
ドアノブが壊れかけていて 取れたら最後 もう出られはしない 出れたら最後 もう戻れはしない・・・ [続きを読む]

受信: 2004.12.03 19:51

» レム [汚戯言]
狂ったふりが板について拍手もんです 自己防衛 それ流行ってるわけ?孤独主義 甘ったれの間で大ブレイク 意味は無いとかごまかすなよ 汗まみれでよくも... [続きを読む]

受信: 2004.12.03 19:52

« 今、無性に聞きたい歌、そして歌いたい歌。 | トップページ | 未来へのトリップの効果 »