« 戦争と恋 | トップページ | The water is wide について »

2004.07.21

夏の下北

洗面器いっぱいの涙の海をクロールすれば夏の下北

|

« 戦争と恋 | トップページ | The water is wide について »

コメント

下北沢には行ったことがないのですが(たぶん)、最近はオシャレな街らしいですよね。
「洗面器いっぱいの涙の海」という表現が好きです。

投稿: きむらいあん | 2004.07.21 22:30

こんばんは、いあんさん。
どうもありがとう。
そっちの方へ行かれましたか。
下北沢も決して嫌いな町ではありませんが、
どっちかというと吉祥寺の方か好きかな。
でもその下北ではなくて、
実は恐山のある下北半島のことなんですよ。
荒涼とした風景のイメージなんですぅぅぅぅってば。

投稿: face(いあんさんへ) | 2004.07.21 22:54

うわぁぁぁ、「下北」違いでしたか。
はずかし~!

吉祥寺はいいってよく聞きますね。
ライブハウスなんかもたくさんあるとか?
東京……。長いこと行ってないなぁ。

投稿: きむらいあん | 2004.07.22 00:48

こんばんは、いあんさん。
いや〜。
そんな恥ずかしがらないでもいいですよ。
京都もライブハウス多いですね。
拾得とか磔磔とか。
行ってみたいです。

モリカゲシャツというシャツやさん
有名なんですか?

投稿: face(いあんさんへ) | 2004.07.22 01:08

モリカゲシャツ???
知らないです……。
どんなシャツ屋さんなんだろう。

投稿: きむらいあん | 2004.07.22 13:42

こんにちは、いあんさん。
この間、アルネと一緒に買った雑誌『Ling karan vol.3』の京都特集に載ってたんです。店主の森蔭さんが開業したての頃、暇をもてあまして作った自分のために作ったシャツが評判になって、ふらっと入ってきた客に「キミのそのシャツええやん。それ作られへんのか」といわれたことかからはじまった。とありました。「ずっと世の中にないなと思っていたのが、普段ネクタイしない僕みたいな人が仕事着として着られるシャツ。カジュアルすぎず、ドレスすぎず、水洗いできて、家のアイロンですっと当たるような」そんなシャツを作ってみたのだそうです。なにやらシャツにかなりのこだわりがあるみたいですよ。店主の森蔭大介さんの着ているシャツとその風貌がとてもいい。京都市中京区三条富小路中之町20SACRAビル3F(scara shop)
京都市中京区室町通蛸薬師上ル鯉山町524(muromachi shop)Welcome to mrkgs

投稿: face(いあんさんへ) | 2004.07.22 18:01

横レス失礼します。

下北の吉祥寺も好きな街です。

どちらも昔と変わりましたね~。

特に下北は私が若い頃~(・・。)ん?今ももちろんわかいですが。(爆笑)~しばしば通っていました。
バイトもしてたしね。(o^-^o) ウフッ

若者の街ってイメージになりました。
いろんなお店があって飽きないですけどね。

投稿: あんず | 2004.07.24 08:31

おはよう、あんずさん。
下北沢がなじみなんですか?
どんなバイトされてたんでしょうか?
自分も学生時代、小田急沿線に住んでいて、
やはり友達が下北沢に住んでいて良くいきました。
その頃はおしゃれな店はあったけど、劇場とかあったのかな。ちょっと思い出せないな。吉祥寺は大好きな高田渡の住んでる街なので、たまにいきます。井の頭公園とか散歩しますよ。

投稿: face(あんずさんへ) | 2004.07.24 08:50

スパゲティーのお店で、お運びのバイトをしました。
初めてしたバイトだったから、懐かしいなぁ。よく覚えています。(^^♪
先輩も親切だったなぁ。

最近は遠いから、とーんと行っていないけど…小田急線の中から見るだけで(爆笑)

投稿: あんず | 2004.07.25 08:50

おはよう、あんずさん。
そうだったんですか?
はは〜ん。
ひとつばれてしまいましたね。

投稿: face(あんずさんへ) | 2004.07.25 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/1019268

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の下北:

« 戦争と恋 | トップページ | The water is wide について »