« 結婚はオプション | トップページ | 七夕の頃の思い出 »

2004.07.06

フォークダンスの思い出

 高校2年の学園祭でフォークダンスがあった。本番の前に練習をしようと生徒会が呼びかけ、1週間前からリハーサルをやっていた。当時、1年上の先輩でブラスバンド部員で朝礼とかでクラリネットを吹く人が気になっていた。廊下とかすれ違うと密かにその人のことを見ていたと思う。でもその人も気付いていたかもしれない。自分は2年生だったけど中学浪人していたので、普通なら同い年だ。その人が輪の中で踊っていた。これはもう自分も踊るしかあるまいと思った。恥ずかしかったが、思い切って輪の中に参加した。だんだんその人が近づくに連れて心臓がドキドキした。そしてそれが頂点にさしかかろうというその時、一人、前で時間切れになってしまった。「あ〜何と言うこと」と思ったが、次の日も挑戦。また同じように回った。そのとき僕はもうその人しか見ていなかったと思う。やはりだんだん近づいて来ると胸が高鳴った。と同時に体が固くなってきた。そしてとうとうその瞬間がやって来た。うれしかった。そしてその手の感触。なんとなくコロコロした感じ。けっしてその人は太っていた訳ではない。むしろスリムな方だったと思う。そしてその瞬間、その人は「クスッ」と低い声でかすかに笑ったのだ。どういう意味だったのだろう。いまでも永遠に謎だ。その後、その人は当たり前だけど自分より1年早くその高校を卒業していった。でも今でもその人の名前はちゃんと覚えている。

|

« 結婚はオプション | トップページ | 七夕の頃の思い出 »

コメント

(@⌒ο⌒@)b ウフッ

あのね、同じような経験があります。

私が中1の頃、大好きだった中3の放送委員長。
私の思いは、おせっかいなクラスメートの放送委員がすでに伝えてあったから、フォークダンスっていうと、どきどきして出ていったものです。
なかなか、一緒にはなれなかったなぁ。o(*^▽^*)oあはっ♪
( ‥) ン?
もちろん、お名前覚えているよ~。(^^♪

faceさん、懐かしいね。あの頃、そしてフォークダンスって…。

投稿: あんず | 2004.07.06 23:08

こんばんは、あんずさん。
あんずさんもそんな思い出があったんですか?
来るかな、来るかなと思ってると
曲が変わって、また反対に回ったりして。
なかなか目的が達成されないんですよね。
なんか、時代も時代だったし、
地方の田舎の高校でしたから。
それでも、なんか心ときめかせていたな〜。

投稿: face(あんずさんへ) | 2004.07.06 23:21

こんにちは。
一緒に踊れてよかったですね。
読んでいてfaceさんのドキドキ緊張が伝わってきて、
でも、私も最後に「クスッ」と笑ってしまいました。
真剣なのにごめんなさい。
私も片思いが多かったので人ごとじゃないんですけど。
その人とは今でも会いたいですか。では、また!


投稿: chiiko | 2004.07.07 13:19

フォークダンスのどきどき感、私にも経験あります。
淡い恋心だけれど、手を繋ぐ時の手の感触、そして、近すぎる距離感にいっぱいいっぱいだった思い出があります。
faceさんと同じで、あともうちょっとのところで終わっちゃうんですよね、アレってお約束のようですよね~。(笑)

投稿: ぽっかぽか | 2004.07.07 15:08

こんばんは、chiikoさん。
やはり、chiikoさんも「クスッ」ですか?
やはり、そうとう固くなってたんだと思います。
そして、表情なんか相当ひどくこわばってたと思います。
おそらくそれで、「クスッ」なのだと思います。
何事にも臆病で、あまり積極的でなかった自分ですが、
この時ばかりは、勇気を出して良くやったと、
誉めてやりたいです。

その人とは特にまた会いたいとは思いません。
彼女のほうもそんなの覚えていないでしょう。
でも、実はその後3年生になって違う人に激しい恋におちいりまして、その人とは今でも会ってみたいと思います。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.07.07 19:34

ぽっかぽかさんにもそんな経験があるんですね。
自分たちの時代は、今ほど男女関係がオープンでなくて、
しかも地方の片隅でのこと。
しかも男兄弟ばかりのところに育って、
女性に免疫ありませんでした。
そんなんで自分にとってフォークダンスは
刺激的なイベントだったですね。
あと、少学6年生の夏休みに「リーダー講習会」というのがあって、キャンプファイヤーをしたりしました。それも思い出にのこってるかな?

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2004.07.07 19:43

おはようございます。
この淡い恋の次には激しい恋が待っていたのですね。
そういう人がいたとして私なら会いたいと思わないので
男女それぞれ人それぞれということでしょうね。
最近ふと思うのですが、もしそういう人がいたとして
自分のblogを偶然見つけてくれて何かを感じてくれて
blogListに登録してくれたりTBなんかしてくれたら
そんなふうな再会ならいいかなと。
blogの世界ならそういうこともあり得そうですね。
ところで、千秋公園って秋田ですか。では!

投稿: chiiko | 2004.07.08 06:33

おはよう、chiikoさんへ。
そうなんですよ。
なんて説明していいか、
ちょっと複雑で、
激しいといっても特に何かあったわけではないんです。
それで、
そのひとのことをあまりしらないうちに
卒業してしまったので。
もう一度あえたらな。
と思ったんです。

千秋公園は秋田市内にあるお城の跡にある公園です。
お堀があるんです。図書館も美術館もあって。
その美術館の付属のデッサン教室に受験の為に通ってました。
そこのお堀端で蝉の虚しい声を聞きながら、
待てど暮らせど。でした。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.07.08 07:12

またまたおはよう、chiikoさん。
よく考えたら、chiikoさんの案もいいですね。
なにか二人だけで共有していた、
キーワードかなにかで検索して、
見つけてくれるとか?
そんな風になったら素敵ですね。
自分なんか、見つかるわけないなと思いながら、
旧姓で検索したことあります。
あ〜はずかしい。
そんなこと短歌に出来ませんかね。

投稿: face(またまたchiikoさんへ) | 2004.07.08 08:13

こんにちは。またまたがあったんですね。
私の案とか言われてびっくりしてます。
そんな具体的に思っているわけではないので。
私は自然に偶然に見つけてくれたらいいなと。
二人だけで共有していたキーワードというのも妙に具体的ですね。千秋公園とかですか。
faceさんもいろいろ過去があるんですね。
では、また!

投稿: chiiko | 2004.07.08 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/914118

この記事へのトラックバック一覧です: フォークダンスの思い出:

« 結婚はオプション | トップページ | 七夕の頃の思い出 »