« 蒼空をたどって | トップページ | 世界中の花 »

2004.06.19

すかんぽ

一人きり空があんまり青いのですかんぽ噛めば君の味する(タカダワタナライ)

|

« 蒼空をたどって | トップページ | 世界中の花 »

コメント

おはようございます。
この歌、gooですね。すかんぽという言葉は初めて知りました。すっぱくて君の味がするのですね。
faceさんは葉っぱとかをよく食べる方なのでしょうか。

CSN&Yの件ですけど、今回初めて聞きました。
ニールヤングは聴いたことがありますが、Yがニールヤングだとは知りませんでした。
では、また!

投稿: chiiko | 2004.06.26 07:22

おはよう、chiikoさん。
ヨアヒム・リンゲルナッツの「哀れな草」という詩があって、
それに「すかんぽ」がでてくるんです。それに高田渡が曲をつけて勝手に歌ってるんです。自分もそれではじめて知りました。それで、植物図鑑なんかで調べました。でも実際には噛んだことがありません。すいません。今度見かけたら、噛んでみます。なんとなくそんな風に言ったらおもしろいかな? って思ったんです。酸っぱい味のする人も本当は知らないんですよ。でも、そんな経験してみたいな。な〜んちゃって。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.06.26 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/799073

この記事へのトラックバック一覧です: すかんぽ:

« 蒼空をたどって | トップページ | 世界中の花 »