« 京都発自前文化 | トップページ | 二十四歳 »

2004.06.05

若鶏と夏野菜の『Arne』風煮込み

resipi-thumb.jpg

[材料](4人分)
●鶏のもも肉4枚(600グラム)●白ワイン100cc●トマト大4ケ(缶詰なら400グラム)●ナス4ケ●玉ネギ1ケ●セロリ1枝●ズッキーニ1本●赤・黄ピーマン角ケ●青ピーマン4ケ●ニンニク4片●オリーブオイル80ml●ローリエ1枚●タイムとバジル少々●塩こしょう
作り方
❶❷鶏肉は4cm角に切り、塩こしょうをして、白ワインに4時間ほどつけこむ。❸鶏肉は白ワインから取り出し、フライパンに油を引き強火で表面に焼き色をつけ鍋に移す。❹白ワインも鍋に戻し、20分ほど弱火で煮込みます。ローリエとタイムも入れておきます。❺野菜は、1cm×3cm角、ニンニクはみじん切りにしておきます。❻フライパンにオリーブ・オイルでニンニクを色づけないように炒め、玉ネギを加えしんなりと炒め、鍋に加える。❼同様にセロリ、ズッキーニ、各種のピーマン、ナスはそれぞれ(火の通りが異なるため)別々に炒めて、鍋に移す。❽さらに、トマトを加えてから塩こしょうをし、フタをして約10分弱火で煮込む。火を止め、仕上げにバジル(生の葉だったら小さめにちぎる)を加え、塩味をたしかめる。

よく冷やした南フランス(プロヴァンス)の辛口のロゼワインが最高のパートナーです。

|

« 京都発自前文化 | トップページ | 二十四歳 »

コメント

ちょっと、ちょっとぉ~すっごく美味しそうじゃないですかぁ~!?faceさんのイラストがまた更にお洒落な感じを引き出していますね(^-^)
こういう料理、私大好きなんですが、家族がいまいち・・・。
でも、お野菜たっぷりだし、ワインと相性がいいだなんて、good!今度、作ってみたいな~!

投稿: ぽっかぽか | 2004.06.06 21:41

おはよう、ぽっかぽかさん。
『Arne』という雑誌があって、
デザインが素敵なので、パックてみました。
季節的にこの料理は夏なのでちょっと早いかもしれません。
ですが、たまにはこんな洋風な料理もいいかななんて。
自分の家でもこんな料理は食べたことありません。(笑)
ワインもほとんど飲まないんですよ。
最近はもっぱら発泡酒です。150円くらいの。(笑)

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2004.06.07 07:21

うわあぉ! こんな料理まで!
すごいですね~。多才でビックリします。
イラストがいいですねぇ。
ホント、おいしそう。
お腹がぐぅ~って鳴ってます。

このメニュー、実は我が家の定番なんです。
でも子どもがいるから、ワインは使わず……ですが。
おいしいですよ! しかも簡単!
私はトマトの水煮缶を使います。

投稿: きむらいあん | 2004.06.07 11:37

いや、いや、料理までは作りません。
自分ができるのは、
インスタントラーメンとカレーライスぐらいです。
でも、たまに変わったの食べたくてタコスとか年に何回か。
そう言えば最近、
土曜の昼にビール飲みながらそんなタコスとか作るの
快感になりました。

ラタ・トゥイユというんでしょうか、
自分ではまだ作ったことないんですよ。
ただイラストで描いただけ。
そんなに簡単なら、
土曜の昼にビール飲みながらそんなの作ってみようかな!

投稿: face(いあんさんへ) | 2004.06.07 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/716883

この記事へのトラックバック一覧です: 若鶏と夏野菜の『Arne』風煮込み:

» Arne⑧ [スロウ]
偏愛』に少し似ている(失礼!)し、イラストが大好き。 創刊号から全部読んでます。 [続きを読む]

受信: 2004.06.20 23:11

« 京都発自前文化 | トップページ | 二十四歳 »