« ロボページ改造計画 | トップページ | 自分の感受性くらい »

2004.05.28

目の覚めない朝

義父が急に亡くなった。9年前、脳出血で倒れリハビリしていたのだが、25日に再び倒れ、運ばれた病院でそのまま息をひきとった。安らかな相だった。74年間ご苦労様、合掌。そして、9年間も義母の介護が続いていた。ご苦労様。自分もまたいつか、目の覚めない朝を迎えることになるのだろう。

|

« ロボページ改造計画 | トップページ | 自分の感受性くらい »

コメント

おはよう、faceさん。そして奥さんのお父さんが亡くなったのですね。ご冥福をお祈りします。

身近な人が命尽きる・・・とても辛いし、色々な事を考えてしまいますよね。ドラマじゃないけれど、「乾電池が切れるまで」自分に与えられた乾電池で一生懸命輝けるように生きたいですね。

投稿: ぽっかぽか | 2004.05.29 06:19

おはようございます。
縁の深い人との別れは皆さんとてもおつらいでしょう。
私もご冥福をお祈りします。

投稿: chiiko | 2004.05.29 06:40

どうもありがとう。
そうなんです。
いろんなことを考えました。
カミさんの親戚の方々がそれぞれみんな、
素敵な人たちだったこと。
残された人たちが、また明日から
なにごとももなかったかのように生きていくだろうこと。
自分もまたいつか死ぬだろうこと。
いろんなことを考えさせられました。

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2004.05.29 07:12

どうもありがとう。
人前に出るのが苦手な自分。
ほとんど初対面の人ばかり。
緊張しまくって、疲れてしまいました。
それでも、すこし話ができた人もいて、
みんないい人たちばかりだなと思いました。
話をできなかった人もそれぞれ、
みんな名もない庶民であるけれど
立ち居振る舞いを見ていると
そのひとの生活や人柄がなんとなく
想像されて、ほんわか伝わってきました。
自分もあんな名もない思いやりのある人たちに憧れます。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.05.29 07:25

ご愁傷様です……。
まだ少し早いですよね。(お若いという意味で。)
死に行く人を前にすると、今私たちが生きていることが奇跡のように感じられます。
どうかこのひとときを大切に、今ここにいる私たちも天寿をまっとうしましょう。
faceさん、お疲れ様です。
どうぞ奥様をいたわってあげてください。親の死というのは、想像以上にこたえますから。

投稿: きむらいあん | 2004.05.29 22:32

どうもありがとうございます。
身近な人の死に接すると、いろんなことを考えます。
いあんさんも昨年お父様、
今年祖母様を亡くされているんでしたね。
経験した人でないと
残された人の悲しみは
なかなかわかってあげられないかも知れませんね。
そのへんを考慮して、
できるだけ、
いあんさんのいわれるようにいたわるというか
恥ずかしいですけど、
そんなふうにしたいと思います。

投稿: face(いあんさんへ) | 2004.05.29 23:10

お義父様のご冥福をお祈りします。
奥様大丈夫なのかしら。

「目の覚めない朝」かあ・・・。
うちの親も私もいつかくるんだろうなあ。
人の死は自分が生きていることを痛感に感じさせます。

投稿: 月夜野 | 2004.05.30 09:58

どうもありがとうございます。
カミさんは肉体的には問題はないと思うんですが、
精神的には参っているかも知れません。
表には全然表れていないんですけど。
まあ恥ずかしいですが、
そのへん少し考慮して、
いたわってみようかなと考えてます。
>人の死は自分が生きていることを痛感に感じさせます。
ほんとうにそう思います。
そして、いろんなことを考えさせられます。
月夜野さんもくれぐれもお体をお大事に!

投稿: face(月夜野さんへ) | 2004.05.30 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/670161

この記事へのトラックバック一覧です: 目の覚めない朝:

« ロボページ改造計画 | トップページ | 自分の感受性くらい »