« キューバとピート・シーガーと60年代フォークソング | トップページ | 反戦なのになぜUSアーミー »

2004.05.17

コンサートがやって来た

te-pu.jpg
 「フォーク大集合」という名前のコンサートが僕の住んでいた田舎にやってきたのは、おそらく1971年、中学2年か3年の頃だったと思う。出演は高田渡、遠藤賢司、加川良、三上寛、友川かずきといったメンバーだったと記憶している。その頃、僕はすでにラジオの深夜放送でフォークソングに目覚めていた。人と違ったことがしたい、やりたい、年頃であった。いかにマイナーでアンダーグラウンドな歌がこの世にあるのか、いかにそのへんで歌われている歌とは違った本音の歌があるのか、僕は競うような気持ちでそんな珍しい歌を深夜放送で探し求めた。そして、たまたま家にあったオープンリールのテープレコーダに録音したりしていた。
 当時、日本は経済的に大発展をしていて、万国博覧会EXPO'70が開催されたり、学生運動や70年安保問題があった。アメリカではベトナム戦争があった。その頃田舎に住んでいた自分には年齢的にもまだそんなに関心が持てることではなかったが、それでも高田渡の「自衛隊に入ろう」や加川良の「教訓」五つの赤い風船の「まぼろしのつばさと共に」等を聴いて解ったような顔つきをしていたような気がする。そして、そのような歌に関わっていられることがその問題をみんなと共有しているような気になった。そしてそれがすごくかっこいいことのように思われた。また、田舎の坊ちゃんだったので「フォークゲリラ」なんて言葉をテレビやラジオで聴いたりすると、もしかして歌で世界が変えられるかもしれないなんて真剣に考えたりもした。そしてそんな歌を歌う彼らに会うべく友達と二人でいそいそとそのコンサートに出かけたのであった。

|

« キューバとピート・シーガーと60年代フォークソング | トップページ | 反戦なのになぜUSアーミー »

コメント

初めまして,「なも」と申します。こんな大昔の記事にコメントつけてすみません。サーチエンジンで自分のブログの名前を入れてみたら,こちらのサイトも出てきて,いろいろ探したのですが(ひょっとしたら何か忘れているのかも)理由がよく分からず,でも自分の好きな事ばかり書かれているので,ずっとさかのぼっていったら,こんな記事に出会って「感激」です。

中学2年のとき「小さな恋のメロディ」にうつつを抜かしていて,林間学校で「あの素晴らしい愛を・・・」なんて歌っていたら,別のクラス(そこに好きな子がいた)が赤い鳥を歌っていて,知らなかったので悔しく思い,だんだん「フォーク最前線」へ向かって行きました。

今は「国分寺・ほんやら洞」の近くで書いています。でもお店へ行ったのは1,2度です。郷里名古屋にまだ「名古屋じゃんじゃん」があったころ,中川イサト・中川五郎のコンサートを聴きに行きました。大学生のころでしょうか。すっかり「私小説」になってしまったお二人の歌に,少しがっかりしました。でも,最近「リンクリングス」というグループ(実は解散してしまったらしいのですが,西岡恭蔵追悼コンサートのテレビで見て知りました。)のライナーノートを中川五郎が書いていて,この人は文章を書いた方が良かったのかなと思いました。

先日,久しぶりにコンサートに行き,小室等,かまやつひろし,森山良子を生で聴いてきました。小室さんがホストで,「自分的にも」小室さんがメインだったのですが,結果としては森山さんの今でも(失礼)伸びのある歌声に,一番感動しました。

まとまりませんが,とりあえず,このへんで。

投稿: なも | 2005.02.12 05:18

はじめまして〜。
chiiko通信さんのところで
何回かお名前を拝見しておりました。
確かに五郎さんは余り歌は上手いとは思いませんが
やはり、詩が素敵なのだと思います。
最近もoff noteというレーベルから
新譜を出されて活躍されてますよ。
リングリンクスは聞いたことは
ないのですが、宮武希さんでしたっけ
小笠原古謡とかで有名ですよね。

小室さんも長いですよね。
自分はまだナマで聞いたことは
ないんですよ。
やはりフォークソングが
青春だったですよね。

投稿: face(なもさんへ) | 2005.02.12 19:24

ちょっとだけお返ししておきますと,中川五郎さんについて書いたのは,歌の巧拙を言いたかったのではありません。先に書いた「名古屋じゃんじゃん」のときに聞いた歌は,本当に身辺雑記が極まったという感じの歌詞だったので,「これではもう聴衆を得られないのでは」と危惧した次第です。当時は,「70年代初頭のフォークシンガー達はこれからどうするのだろう」などということをいろいろ考えていたものですから。

「リング・リンクス」微妙にグループ名をまちがえてすみません。ネットで探して「kobune」というアルバムを買い,なかなか気に入って聞いています。五郎さんは,宮武希さんの歌について「力強いのにか弱く,剛毅なのに繊細で」と書いていて,「うんうん」とうなずいてしまいました。

投稿: なも | 2005.02.12 22:15

勝手ながら,トラックバックを送らせていただきました。ご迷惑でないといいのですが。

投稿: なも | 2005.02.16 04:08

小室等さんがお好きなんですね〜。
深夜放送やってましたよね。
良く聞きましたよ。

「面影橋から」とか
は良い歌ですね。
石川鷹彦さんでしたっけ。
も六文銭ですよね。それとオケイも。
あとは及川コウヘイさん。とかですよね。
URCのレコードでは五郎さんと
カップリングでしたっけ。

投稿: face(なもさんへ) | 2005.02.16 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/609064

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートがやって来た:

» フォークソングのこと [さぶいなもさん]
自分で音楽を聞いた最初の記憶は,小学校5年生ころだろうか。かなり年上の姉が「ザ・ [続きを読む]

受信: 2005.02.16 04:06

« キューバとピート・シーガーと60年代フォークソング | トップページ | 反戦なのになぜUSアーミー »