« 青草や | トップページ | コンセプチュアルアート »

2004.05.01

明るい陽気なギター

同じ三味線でも、沖縄の三味線と津軽の三味線は違う。
同じ楽器にはとても思えない。なぜ、こうも違うのか。

同じように、ギターにもそれがいえると思った。
ギターの音色は悲しいものだとばかり思ってた。
そこが好きだったのだが、明るい音色の音楽を聞いた。
ニコ・サキートの「荷車ゆれて」だ。
おなじギターでもこうも違うのか。
でも、キューバのプロテストソングらしい。
ぼくには、明るく、陽気に聞こえてしまう。
楽器そのものも違うのだろうか。
キューバの音楽だからだろうか。

キューバの歴史とか、全然知らない。
カストロ、革命、アメリカと犬猿の仲、
村上龍が「KYOKO」のなかで語ってたダンスと音楽。
その程度しかしらない。
でももっと絵でもなんでも
僕の知らないキューバがたくさんあるんだろうな。

急に僕のなかでキューバがシンクロしてきた。

|

« 青草や | トップページ | コンセプチュアルアート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/520188

この記事へのトラックバック一覧です: 明るい陽気なギター:

« 青草や | トップページ | コンセプチュアルアート »