« 街へは行くな | トップページ | 口が裂けても2 »

2004.04.05

匂いにほえる

し夜 こころ狂わせ アラスカの 我がふるさとの 匂いにほえる (face)

unnkokenn2.jpg

|

« 街へは行くな | トップページ | 口が裂けても2 »

コメント

こんにちは!
アラスカにいつか行ってみたいと書いていたので
この絵と短歌を思い出しました。
アラスカはどこかふるさととつながっているのでしょうか。
アラスカってやっぱり寒いですよね。間抜けな質問。
五木寛之さんの本、私も見つけて読んでみますね。
では!


投稿: chiiko | 2004.06.27 09:36

こんにちはchiikoさん。
覚えていてくれて、うれしいです。
アウト・ドアにはまってたときがあって。
今はもう休刊になってしまったんですけど、
『Out Door』とい雑誌をみて、
アラスカの夏が特集されていて、
すぐ影響されてしまうんですよ。
根が単純なもので。
冬は寒いと思いますが、
夏はいいとこみたいですよ。
ただ、蚊がものすごいらしいです。
一度オホーツクで夏、蚊の大群に追いかけられました。
漫画で見るように黒い固まりが追いかけてきました。
アラスカのはもっとすごいんでしょうね。
冬は冬で、寒いは寒いでまた、乙なものかな。
ジャックロンドンの『白い牙』も読んで面白かったです。
(装幀が自分の好きな渡辺和雄さん、イラストが山本容子さんのゴールデンコンビの河出書房新社)あんな世界がみられるかもしれません。それに夏はなんと行ってもビッグなマスやサケがつれるみたいです。それに白夜かな?

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.06.27 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/401226

この記事へのトラックバック一覧です: 匂いにほえる:

« 街へは行くな | トップページ | 口が裂けても2 »