« ストーリー | トップページ | 葬られた孤独 »

2004.02.12

ステージから路上へ

ち込んで一人家に帰り着くとき、星空を眺めながら、
好きな女の子にふられたときのように、
鼻水がでるくらい、思いをこめて歌いたい。
友部正人よりはもちろん上手くはないけれども、
その他の歌手よりなら誰よりも上手く、
鼻歌でなら勝負出来るかもしれない。
唄は ステージの上だけにあるのでない。
唄はこの現実の生活のなかで生まれ、
ステージから路上へ
そして
労働者や生活者や民衆の唇へ…。
あるいは
労働者や生活者や民衆の唇の上にあったものが、
逆にステージへと…。
いつも唇に鼻歌を…

syafu

|

« ストーリー | トップページ | 葬られた孤独 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/189644

この記事へのトラックバック一覧です: ステージから路上へ:

« ストーリー | トップページ | 葬られた孤独 »